HOME >  商品情報 >  原料

原料

牛肉

まろやか牛

まろやか牛 世界最大の牛肉輸出国であるオーストラリアは、海外市場から求められる安全性、完全性、そして品質管理への積極的な取り組みを行っています。製品の品質を高水準に保つために業界と政府が協力し、食肉産業を支える基準とシステムの開発とその見直しを行っています。牛肉製品が農場から消費者の手元に届くまで、厳しい安全・衛生基準をクリアしていることを保証するのが、オーストラリア連邦政府と食肉業界が共同して設立・運営している“SAFE MEAT”です。
HFGでは、厳選された素牛を良質の穀物飼料で大切に育て、120日肥育のショートグレインフェッドビーフのまろやか牛を提供しています。

オープンプレーリー・ナチュラル・アンガスビーフ

OpenPrairie USDA(アメリカ農務省)が定めるナチュラルビ-フの基準よりも厳しい基準で生産された特別なナチュラルアンガスビーフです。
肥育に際しては、ホルモン剤・抗生物質の投与を行わず、大自然の中で天然由来の穀物飼料でストレスフリーに育てられます。またブラックアンガス種に限定することにより高品質な牛肉に仕上がっております。広大な大地が育んだ自然の恵みを是非ご賞味ください。

 

 

グランドアイランド・ゴ-ルド・ビーフ

Grand Island BEEF グランドアイランドビーフが生産される工場は広大な穀倉地帯が広がるアメリカ・ネブラスカ州にあり、良質なトウモロコシが多く収穫され、肉牛肥育に適した環境が整っています。このエリアで肥育・生産された牛肉は日本人の嗜好に好まれる味・風味となっております。
また生産工場では衛生面の向上を目的とし、枝肉洗浄を複数回行い、カット肉には全面に過酢酸を噴霧する等、生菌数を大幅に削減する取組みを行っております。

国産牛

ファーストビーフ

ファーストビーフ 国産事業部の十勝ハンナン、阪南畜産の2社がトレーサビリティー制度順守のもと製造した、安全で美味しい国産牛肉を「ファーストビーフ」と称しています。
黒箱の和牛を始め、赤箱の国産交雑牛、緑箱の国産牛の3種類を提供しています。

 

十勝ポロシリ和牛

十勝ポロシリ和牛生産者(有限会社ダイマルファーム)
日高山系十勝幌尻岳の麓で育った、深くまろやかな味をもった黒毛和牛です。
牧場内で牧草を栽培しグラスサイレージとして利用、肥育に不可欠な水は日高山系の伏流水のみを使用し、安全安心と美味しさを追求しています。

 

十勝ポロシリ黒牛

十勝ポロシリ黒牛生産者(ダイマルファーム)
和牛と同様に日高山系十勝幌尻岳の麓で育った、しまりが良く、キメが細やかでコクのある品種です。
品質は和牛に近づけながらも、赤身の美味しさを味わえる逸品です。

 

十勝ハーブ牛

十勝ハーブ牛生産者(株式会社ノベルズ)
独自のハーブ入り飼料を給与された交雑種メスの一産牛。
ハーブは人間と同様に牛に対してもストレス軽減効果があり、牛を健康に育てます。
霜降りを抑えた赤身肉本来の美味しさをご賞味ください。
肉に美味しさを求めた結果32カ月以上の和牛並みの月齢で出荷しています。長く肥育することで赤身にはアミノ酸含有量が増え、旨味豊富な牛肉となりました。

 

いけだ牛

いけだ牛生産者(十勝池田町農業協同組合)
全国的に有名な十勝ワインのふるさと・池田町の広大な牧草地ですくすくと育った「あか牛」と呼ばれる褐毛和種です。
和牛の風味と柔らかさ、そしてなにより赤身のおいしさを楽しめるのが最大の魅力です。
町の特産物・十勝ワインを醸造する際にできる澱(おり)を飼料化し、いけだ牛の育成牛に与えています。ワインの澱は嗜好性や栄養価が高く、地域の特産物を活用した牛肉生産として研究機関などからも注目されています。

大阪ウメビーフ

大阪ウメビーフ生産者(原野牧場、ハンナンファーム株式会社)
梅酒製造会社と協力し、梅酒製造過程で発生する漬け梅を利用する資源循環型の牛肉生産システムで健康に育った黒毛和牛です。
漬け梅を毎日1kg以上給与。梅の実は食物繊維を多く含んでいるので健胃整腸効果があり、牛は健康に育ち美味しいお肉となります。

 

黒樺牛

黒樺牛生産者(株式会社杉本本店)
九州の厳選した素牛を育て上げた最高級黒毛和牛。
「黒樺牛」の名前は、『華やかさ』と厳寒の大地にどっしり根を張る落葉高木「白樺」の名に由来します。
味にこだわればこそ、肥沃な大地が育む滋養豊富な牧草、そして清らかな水にこだわりました。
伝統の養牛技術が息づく九州で一番の生産地(鹿児島・熊本)で、徹底された管理のもとに丹精込めて肥育された極上の味わいをぜひ一度ご賞味ください。

なにわ黒牛

なにわ黒牛 和泉山脈に囲まれた地域で肥育された大阪ブランドの牛肉です。
筋肉中の繊維が非常に細かく、旨味成分の不飽和脂肪酸を多く含む黒毛和牛のメス、さらには肉質を向上するため独自のブレンド飼料を与える肥育管理を行っており、とろけるような脂質と風味を醸し出す美味しいお肉です。

豚肉

麦そだち四元豚

logo_yongen チェスターホワイト、ランドレース、ヨークシャーを掛け合わせて出来た母豚(White Line)100%デュロックの雄を交配。選び抜かれた血統の豚を掛け合わせる事で誕生した「麦そだち四元豚」は、類まれな品質の豚肉です。肥育においては、成長促進剤、肥育期間の抗生物質の使用を禁止しており、育成・仕上げ期間中の給餌飼料の約8割前後が大麦・小麦。更にオレガノなどのハーブを配合した独自の飼料を与えています。
こうして育てられた「麦そだち四元豚」は、一度も病気をしていない健康な豚に限り、日本国内に流通されています。良質な飼料でじっくり育てた事により、脂に甘みがあり、くせがなく、サシの多い肉質でアクが出にくい、日本人好みの柔らかな食感に仕上がっております。

日南もち豚

logo_nichinan 宮崎の自然が育てた、カラダよろこぶフレッシュポーク「日南もち豚」。
SPF(Specific Pathogen Free)とは、あらかじめ指定された病原体を持たないという意味です。生産現場で高度な衛生管理をすることで、臭みがなく、軟らかくて美味しい豚肉生産を可能にしました。
大手飼料会社より守山農場専用の飼料を買付し、母豚からの一貫経営で農場指定ができ、生産者の顔の見える豚肉です。
このように「日南もち豚」は、高いレベルの管理技術をもった農場でのみ生産できる、安全と安心と美味しさを追求した豚肉の代名詞といえるでしょう。

mochibuta
ページの先頭へ